鑑AKIRA®とは

臨床が本当に必要としていたテクノロジー 鑑AKIRA®

 

動作に不自由のある患者様の関節可動域測定を角度計をつかって手動で行うことは困難で、測定者による誤差も課題となっています。また、モーションキャプチャーと言われる動作分析装置は高価で、たくさんのマーカーを正確に身体にはりつける等の手間や時間がかかるだけでなく、患者様にも負担がかかります。

 

患者様へ負担をかけることなく、簡単に動作を計測出来ないか?そういったリハビリ現場のニーズから生まれたのが「鑑AKIRA®」です。(「鑑AKIRA®」と書いて「アキラ」と読みます)

 

鑑AKIRA®は、身体の姿勢、動作、関節可動域等を、非接触センサーで捉え、3次元データとして計測、記録する動作計測プラットフォームです。

 


鑑AKIRA®の3つの特徴

  1. 手軽である
  2. 分かりやすい
  3. データが客観的である

手軽である

人体の動作計測ができるデジタル機器はこれまでにも存在してきましたが、かなり高額であったり、マーカーや装具の着用が患者様にも医療従事者にも負担であったり、操作そのものが専門的で難しかったりと、実際のリハビリ現場に手軽に取り入れられるものではありませんでした。

 

その点鑑AKIRA®は、本体とディスプレイだけのシンプルな構成で、価格も比較的安価です。鑑AKIRA®の前に立つだけで仮想マーカーが自動的に付与されるので、物理マーカーや装具の着用も不要となっており、直ぐに、計測・評価を開始することができます。ビデオ録画のような簡単な操作で3次元計測データを保存・再生し、関節可動域や動作の軌跡もマウス操作のみで確認できます。また、特定の動作に特化したコースを利用すると、計測から解析、レポート出力までが数クリックで完了します。


分かりやすい

リハビリ効果を数値やグラフで説明しても、イメージするのが難しいと感じられる患者様もいらっしゃいます。

 

鑑AKIRA®では、患者様ご自身が映った動画や画像で説明することができるうえ、リハビリ前後の2つのデータを横に並べたり、重ね合わせたりしながら比較することも可能なので、パッと見ただけで変化を納得していただくことができます。


データが客観的である

近年医療業界では、患者様やご家族に対してリハビリの経過や効果等を分かりやすく伝える必要性が高まっています。

 

その点、鑑AKIRA®では、設定を決めておけばいつでも同じ条件で計測が可能となるので、より客観的なデータを提供することができます。また、見える化したリハビリ前後の計測表を、患者様やご家族に提供することで、リハビリの効果や経過を分かりやすく説明することができます。

 



ご活用事例

歩行計測コース

人工関節の手術前後の動作の変化や、また、脳梗塞患者様のリハビリによる効果等を確認するのに、鑑AKIRA®の歩行計測コースが使用されています。

 

歩行計測は、カウントダウンによる合図に合わせて鑑AKIRA®に向かって歩くだけで完了します。鑑AKIRA®は、場所を選ばない省スペース設計の為、診察室で計測されることもあります。計測と同時に「見える化」したレポートが自動生成されます。


研究用途にも活用されています

鑑AKIRA®は、動作解析のプラットフォームとして、リハビリの現場を超え、国内外の研究の分野でも利用されています。

鑑AKIRA®を使用した論文掲載情報はこちら